PROFILE

Author

Yuri Murano-Anundee

東京都杉並区で5人姉兄の4女として生まれ育ち、短大卒業後1995年に海外進出!?2001年プーケットにて同僚のモーリシャス人と出会い結婚&移住、2007年よりモーリシャスのラグジュリーホテル勤務、2013年より、モーリシャス資本のコンスタンス・ホテルズ&リゾーツに移動、プリンスモーリスとベルマーレ・プラージュの二つのホテルで日本の方のお世話をさせていただく傍ら、4人(三人娘&末っ子長男)の子育てを頑張るワーキングママが、モーリシャスとコンスタンスの魅力をお伝えいたします。

CATEGORY

DATE

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

LINK

究極の!?モーリシャスお土産セット

2016. 08. 30 Yuri Comment(3)
ここ数日、ブログを立て続けにアップしている私、、、素晴らしい!?なーんて、最近PCが新しくなりまして、ブログの写真がスムーズにアップできるようになったのです!

っと、前にもあげていましたが、やはり情報があまりないモーリシャスにいらっしゃる方が一番困っているのではないか、というのがお土産?!

私は、とっても庶民的!?なので、あまり高級なものは入手できないのですが、自分が日本に行くときによく持っていくもの、知り合いがモーリシャスに来た時に、お土産として見繕うものをあげてみました。

この写真、(フェニックスPhoenixの缶ビールが抜けていますが、、)実は先日両親がとっても久しぶりにモーリシャスを訪れてくれた時に、渡した究極の!?モーリシャスセット!(これはちょっと量が多すぎた?!)普通はこの中から軽いもの&滞在中に試せるもののみを入れています。

何がはいっているか:
  • パパイヤバニラジャム、
  • ライチジャム、
  • ガーリックアシャー(ニンニクの漬物?!)、
  • フレア・デ・ソルトwithバニラビーンズ、
  • シャマレルラムセット、
  • モーリシャス産のスナックたち、
  • Van Ann のチョコレート(別なのがほしかったのですが、、、なかった、、、)
  • モーリシャス産ウェハース(ゴーブレットと呼んでいる、、、)
  • バニラティー(これももう一つのBois Cheri/ボイスシェリーのあおいボックスが良かったのですが、、、)
  • そして私の大好きな手編みのかごバック、と、
  • 子供の友達の誕生日などに最近ご用達!?の世界に一つしかないキーホルダー!(ちなみにAyakoは私の母の名前です、、、) こちら、セントラルフラックのVIPスパーショッピングモール2階の中ほどにある、メガネのお兄さんが目の前で書いてくれます。たくさんの種類のキーホルダー、ネックレス、ブレスレットから選び、書けるだけ書いてくれます。名前でもメッセージでも、ドドの絵や、いろいろなんでも、、200ルピー前後とってもお得! ポートルイスの北リッチテアのJamboでもやっている人がいると聞いています。 旅の思い出に、、(2016年8月現在の情報です。)



ここからひとつづつ説明:

シャマレルのラム、南島ツアーに行かれる方が良くいかれるシャマレルの滝&七色の大地(これは好みによります、、、少々高めの近くのレストランに行かずに。あえてここによってカフェで軽食を取る、というのが良いのでは、なーんて最近思います)

ラムリエ・デ・シャマレル(ラム工場見学・レストランあり)
は式v比内にあるサトウキビを使って、砂糖をの副産物としてではなくすべてを使って蒸留させて作り、ここ最近世界大会でたくさんの賞をもらっているラムです。工場でしか買えないラムもあるらしい、、、

私は、この小さいボトルセットを買い、分けてプレゼント、ちなみにバニラリカーは食前酒として某コメディアンのおひとりが絶賛!?されていました。


モーリシャス、、、職場で皆にというお土産がないのです、、そこで唯一のオフィスで配れる?!モーリシャス産チョコレート、
良いのですが、、、、簡単にお目にかかれないのが残念!
すべてのスーパーでチェックしていないのでわかりませんが、、、いつもはグランべのスーパーUにはあったのに、、、今回はなく下記もののみ(種類はいろいろありましたが、、、)あとはポートルイスの北リッチテアのJamboにある時があるとかないとか、、、
空港にはあるのですが、、、1.5倍の料金です(でもホテルからタクシーでと考えたら、タクシー代がなくなって結局は同じかも、、、)



ちなみに下記のが私のお気に入り、3種類(ダーク/ミルク/スパイス)それぞれ別で売っています。150ルピー前後だったかな?忘れてしまった、、、(空港のはもっとかわいくお土産っぽく包装されています)



前にもアップしたことのあるパパイヤバニラジャム、そして今回初めて発見したライチジャム!(ちなみにモーリシャスでライチの時期は11月末から12月いっぱい、1か月半のみ、ライチ一つ5ルピー前後(直売!?ですと1ルピーで購入できることあり)で売っています。
 

最近フレア・デ・ソルトが見つからない、、、先日セントラル・フラックのスーパーUで見つけたのがこの下の、、、フレア・デ・ソルトwithバニラビーンズ、、、なんで塩だけじゃないの?! 塩だけの見つけたらMade in France でした。。。
 

最近、グランべのラクアゼットにあるスーパーIntermartの塩コーナーで見つけました、、、ほかもあるのかな、、ぱけーじはちょっと変わっていたけど下記の写真、モーリシャスの塩、いまだに海の塩を天日で干しています。(Tamarinで見ることができます)そこで一番最初に結晶化したものがこのフレア・デ・ソルト(塩の花)貴重なんですよ:-)サラダや天ぷらに、、、どうぞ。


そして、モーリシャスのスナック!!これは人によるのですが、、、とっても安く、体には!?、、、でもおいしく、マレーシアや南アフリカ、フランスといろいろなものが混ざっているスーパーで、モーリシャス産を見つけるのが難しいのであえて、、、、

私は庶民なので、このようなものでもうれしい、ということで、こういうお土産もありだな、と思われる方のために参考まで、下記の写真のものはモーリシャス産です:-)いろいろ別のフレーバーもありますが、、、時々着色料が、、、、ということがあるので、島のスナックということでまず試してからお土産に、それともあえて、、、お任せいたします。

バナナチップスはまだ青いバナナの皮をむいてスライス、まるでポテトチップスのようで食べやすくおいしいですよ。
(崩れやすいです、、、)


そして、このニンニク漬け大好きです。炊き込みご飯や、カレーに、普通にご飯に乗っけても、パンにはさんでも、程よいからさでスパイスが上手に入っています。漏れ防止にビニールに入れて下さいね。


かごバックは市場が一番お得(ほかはスーパーが一番お得)

下記の写真はセントラルフラックのバザール(市場)裏の入り口一番奥、、、にあるお店。
最近日本にもあるようですが、、、
この丈夫なバックはRs300 前後 (大きさによります)


こちらは一番小さき手100ルピーから中くらい、250ルピー、から400ルピー大きさによって様々です。
なぜか、デコレーションが入っているのが多く(ヨーロッパの方はあえてモーリシャスが入っている方が、国に戻って行ってきたのよー、と、見せられる、知名度&高級リゾートのあるモーリシャスです)


っと、一気に書き込みました。

こちら前にアップしたモーリシャスのお土産編 参考まで、、、

何かわからないこと質問、お知りになりたいことなどありましたら、一報ください:-)

CONSTANCE HOTEL AND RESORTS でのウェディングはEARTH COLORSで!
では、モーリシャスで、唯一の在モ日本人スタッフのいるコンスタンスより、もっとたくさんの方々に、ヨーロピアン的で素敵な滞在を体験していただけることを願いつつ、、、

Yuri /村野アナンディー百合



 

モーリシャス ライチ ワイン & ビクトリア・パイナップル ワイン モーリシャス産ライチ&パイナップル100%利用、モーリシャスでのみ販売)

2014. 07. 11 Yuri Comment(2)

12度前後に冷やして飲むのがお勧め、Divineライチ&ビクトリア・パイナップルワインは暑い夏に!アジアン料理や魚料理、フレッシュフルーツ・サラダなどのお供にどうぞ。

採れたてのライチは、皮と種を取りはずして3週間寝かします。パイナップルは下手を取ってそのまま皮付きを小さく切ってクラッシュするそうです!
全て手作業の昔ながらのフルーツワイン製造。

このワインはモーリシャスでワインを作っている会社オクセンハムの オノロジスト(ワイン醸造学者)のパトリック・オクセンハム、の子どもの頃の記憶より始まっています。

彼は、モーリシャスで伝統として長い間作られているフルーツワイン製造に刺激を受けており、彼のおじいさんの書いたライチワインのレシピを見つけた時、2012年、ライチワインを再びよみがえらせることに決めたそうです。

このライチワインは大成功をおさめ、今ではモーリシャス産の小さ目で甘いビクトリア・パイナップルを使ったワインも出ております。

こちらのワイン、コンスタンス・ベルマール・プラージュやコンスタンス・ル・プリンスモーリスでも扱っております。







エレガントでおしゃれなボトルと箱はで500ml 200ルピー前後で、大きいスーパーなどで購入できます。(料金は16/07/14現在のものです)

きりっとしたスタートで後味にライチ、パイナップルを感じるこのワイン、日本に持ち帰って、暑い夏、海を見ながらモーリシャスのフルーツワインを堪能しませんか?

CONSTANCE HOTEL AND RESORTS でのウェディングはEARTH COLORS

モーリシャスのお土産、物編

2010. 10. 18 yuri Comment(0)

写真がなくアップできなかったのですが、写真無しでアップします!今後写真を足していきますね。
私の大好きなお土産の一つ、かごバック:



小さい物から大きい物まで、そしてシンプルな物から派手な物まで、手作りなので一つ一つデザインが違うかわいいバックたちです。
近くのマーケットに行ったら、必ず出会えます。小さいので50Rsから大きくて400Rs前後で手に入ります。
写真は大口のバック、海やちょっとしたお出かけに、とても使いやすいです。
自転車のかごに合わせればそのままエコバック、最近はチャックのついている物や内側にカバーが付いている物、まったく違ったおしゃれなデザインも出てきております。

そして、私の大好きなアクセサリーたち、石やパールの原産国はモーリシャスではない事が多いのですが、様々な色・模様・大きさの物がたくさんあります。

コンスタンスからタクシーで15分の町セントラル・フラック(私の家のすぐ近く!)にお土産屋サンの問屋さんのような建物があり、私はいつもそこで石だけを買って自分でネックレスのヘッドとピアスのセットを作っているのですが、すでにできている物もたくさんありますし、お店でも気に入った石やパールをネックレスやブレスレット、ピヤスやイヤリングにしてもらう事もできるのです。

もちろん、いろいろな場所で、色々なアクセサリーをみつける事が出来ます。

ちなみにモーリシャスはアフリカにも近いということで、ダイヤモンドなども日本より安く(+デューティーフリー)手に入るそうで、前にブラックダイヤモンドを発見!いつか小さくても私の手元で輝いてくれる事を夢見ている私です。

後はアウトレットショップ、中部のフローレアルというところに集中してありますし、近頃では大きな町にショッピングモールが必ずあるので、いろいろなショッピングも楽しんでいただけます。

2015年3月、近くの町セントラルㇷラックにも大きなショッピングモール「スーパーU」がオープンします! 

グランベ=スーパーU & ラクアゼット
ポートルイス/リッチテア=ジャンボ & コーダンウォーターフロント    
モカ=バガテル
カトルボーン=ゲーム & ジャンボ
モーリシャスにはたくさんのブランド服の工場があり、運&タイミング!?が良いとお手頃なアウトレットが手に入るそうです。
男の方には、モデルシップなんてよろしいのではないでしょうか?!ただ、これは日本に持ち帰るには送るしかないらしいです、、、
コンスタンスにも、ミニチュアモデルシップが置いてあります。

まだまだたくさんありますが、今回はここまで。

次回はお酒編!

CONSTANCE HOTEL AND RESORTS でのウェディングは EARTH COLORSで!