PROFILE

Author

伊藤桃代

北海道札幌市出身、B型
大学卒業後、6年間の日系航空会社でのCA生活を経て渡米。
LAにて2年半の学生生活&人生設計の大幅見直しの後に2007年より、タイ王国・バンコク在住。
「人生の断面は常に美しくありたい」の座右の銘のもと現在はタイ人と日本人のビジネスパートナーとともに、スパの経営者として異国の地で大和撫子魂を持ちながら日々奮闘中。

CATEGORY

DATE

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINK

心の中だけに閉まっておいてもいいのに

2013. 10. 02 Comment(1)


突然ですけど、西洋人の方々って漢字に憧れがある方が多いような気がしませんか?
日本人がアルファベットで何か書かれているTシャツを着るように、西洋人の方が
漢字入りのTシャツを着ている姿を、ここバンコクでも、その昔はLAでもよく見かけました。

ちなみに、先日会社の近くで小太りの西洋人のお兄さんが「美豚」と大きく
書かれたTシャツを着ていて思わず二度見してしまいました。
意味分かってて着ていたとしても、「美豚」って・・・・。
とはいえ、タイでも屋台のおばちゃんが「CALL ME MADONNA」とでかでかと
書かれたTシャツを着てフライパンを振っている姿を見たことがあるので、それを見た
西洋人の方の反応も同じ感じなんでしょうね。

そして、漢字やアルファベットへの憧れが昇華すると、もうTシャツでは飽き足らず
とうとう彫り物にいっちゃう場合があるんですよね。
こんな風に。
tt.jpg
こちら、先日電車の中で隣り合わせた西洋人のおば様の腕でございます。

隠し撮りしてすみません。
しっかりと、
「 愛 
 生活
 旅行
  笑 」

と彫られておりました。
まあ、「愛」は割と定番ですけど、それ以外はちょっと・・・・・・ どうなの???
「生活」って!
いや、それなら「旅行」ってもっとおかしいわ!
しかも最後に、そんな単語を彫っちゃったことを自嘲しているかのような「笑」!!
彫らなくても良かったのでは・・・・。
そういう自分の人生のモットーみたいなものは心の中に刻んでおいた方がかっこいいような
気がしますが、むろんそんなことはおば様には言いませんでしたよ。
きっと、「愛のある生活を送り、たまには旅行もして笑っていたい」というのが彼女の
人生のモットーなのね、と私は解釈いたしました。
今まで見たことのある理解に苦しむ漢字の彫り物は本当にたくさんあるのですが
「不景気」や「自滅」などど比べると、こちらはポジティブな香りがするので
悪くはないと思います。
ま、私は彫らないけど。

 

二種免許や特殊車両免許が無いと聞いたことがあるけど

2013. 10. 01 momoyo Comment(0)


タイは雨季も終わりにさしかかってきました。
雨季の終わりは毎年、空が最後の力を振り絞って仕事納めをするかのように
雨を降らせます。ということで、最近は雨ばかりのバンコクです。
そんな雨の中、先日高架橋の上から見た光景。
jyuuretsu.jpg
ホテルから大通りに出ようとしている大型トラックの列!
この狭い通路にこのサイズのバスが4台も!
横幅も気になるところですが、車間距離も気になる感じ。
タイにはいわゆる二種免許というものが無いと聞いたことがあります。
タクシードライバーも、みんな普通免許で運転しているそうです。
正直、(本当に免許持ってる!?)ってこちらが思ってしまう運転手もいるくらいなので
これは本当だと思います。
バスは・・・・・・・どうなんだろう!?
大型車両免許や特殊車両免許なんてタイにあるのでしょうか。
でも、こんな狭い場所で、こんなに車間距離を詰めて運転できるということは
免許所有の有無に関わらず技術は予想に反して高いのかも!?
横から見たらこんな感じでした。
yokokara.jpg

ツアー旅行の方のバスかと思いますが、どうか皆さんご無事でね!

新調しました

2013. 09. 23 momoyo Comment(0)


今日は日曜バドミントンでした。
週休1日なのに、パーフェクトに近いくらいの日曜バドミントンの出席率を誇る私。
なんか、休みの日にデートだとか、デートだとか、デートだとかをすることは
ないんでしょうか?(自問自答)
・・・・・・・・・・ うん、ないですね。
じゃ、休みの日は必然的にバドミントンになるよね。
男子相手に勝てるくらいまで強くなりましたが、休みの過ごし方がこれだと
人生を相対的に考えるとなんだか負けている気がするよ・・・・・なんて思いかけましたが
そんな気持ちは自分の心の内にねじ伏せておくとします。
そもそも人生に勝ち負けなんてないんだから。
でもバドミントンには勝ち負けがあるので、ならば勝ちにいかないと。
ということで(どんなことで?)7月と8月にちょっと精神的に疲弊することが続いたことも
あり、バドミントンのラケットとシューズを新調してみました。
私がもっと素敵女子だったら、こういう時はバッグや靴を新調するのでしょうが
なんの迷いも無くラケットとシューズを買った私は素敵女子戦線からはとうの昔に離脱しております。
いいんです。
色々な人間がいていいんです。
ジミーチュウや、ルブタンよりもヨネックス命。私ったら日本人の鑑だわ。
こちらが今回新調した新・ヨネックス様。
kutsu.jpg

今回は白ベースで、私の中では今までで一番女の子っぽいシューズだと
自負しております!!
でも、サイズが26cm・・・・・。 まあ、昔から足は大きかったのですが、このサイズには
さすがにびっくり。ねえ、ほんと?ほんとに私の足って26なの???
かわいくない。全然かわいくない。
もうね、なんだか色々ありますけど我が道を行くしかないようです。
Road to own way.
court.jpg
どこに続くか分からない道ですが、頑張ろう、私。